Menu

声は想像以上に物事を語る

0 Comments

電話占いを行う時、一番重要視されるのが相談者の声のトーンです。声のトーンを聞き取ることで占い師は多くのことを感じ取ることができます。これは実績があるからこそできる、占い師独自の能力の一つと言えます。声がもたらす情報は想像をはるかに超えており、相手の感情を読み取るとうためには必要不可欠なものだと言えます。

声は想像以上の感情を表している

人間が何気なく発している声には、想像以上の情報が込められています。占い師はその情報を読み解き、占いを使い多くの選択肢を提示してくれます。その提示した選択肢の中で一番相談者に良い影響を与える答えを、占い師は占いという方法で導きだします。その精度を上げるのは相談者の感情が露骨に現れる声がポイントになります。

相談者は気付かないうちに、潜在意識の奥底に隠している本音を声に乗せています。その本音を元に、もっとも良いと思われる選択をするのが占い師です。人間は気付かないうちに第六感で感じたことを口にしたり、影響を受けたりしています。これは自然なことでもあり、もっとも気付かなければいけないことだと言えます。

占いはそんなことを気付かせてくれるだけでなく、今後どのような行動をすることが未来の自分に良い影響をもたらすのか教えてくれます。タロットや水晶などを使い占うと言うことは、占い師本人の第六感もフル稼働していると言えます。占い師と相談者の第六感が触れ合った時、もっとも正確な答えが導き出されることは言うまでもありません。

このことを基本に据え置き、自分の声がもたらす影響力を再確認しておくと良いでしょう。人間の内側から発せられるものは、何か物事を動かす時に必要なる原動力になります。占いの一番の目的は、この原動力を上手に引き出せるようにアドバイスをすることにあります。その効果が一番出やすいのが、電話占いだと言えます。

関連する記事